遺品整理でお困りのあなた!丁寧な仕事が売りの業者が頼もしい

>記事一覧>遺品整理の基礎知識&整理整頓を早く終わらせる方法

遺品整理の基礎知識&整理整頓を早く終わらせる方法

男性

気になる人気業者の特徴

地元で人気の遺品整理業者は、大小関係なく一点から対応可能で、急な依頼にも速攻でかけつけます。明瞭明快なので、何も疑わず安心して利用できます。形見分けの品も、指定さえすればその通りにやってくれます。

室内

作業までの流れ

見積もりをとった後、一度自宅に持ち帰り再度検討します。依頼先が決まったら成約を結んで、事前打ち合わせに入ります。この時に遺品整理の仕方や原状回復など、片付けに関する話し合いができます。それが終わったら作業を始めます。

こんな状況の時に助かる!

作業員

1日で終わりそうにない場合

膨大な量の荷物を1日で片付けるのは困難です。作業人数が一人の場合は、一週間以上かかることもあります。こういう時こそ口コミで人気の遺品整理業者を利用しましょう。

遠方に住んでいる場合

遠距離、あるいは遠方に住んでいる場合片付けのために現地へ何度も足を運ぶことはできません。この場合も遺品整理を行なう業者へ依頼します。

供養をしたい

遺品供養が必要な物に故人が生前愛用していた本や家具、メガネ、ぬいぐるみ、衣類などがあります。これらは故人の思いが沢山詰まっているため、供養するのが一般的です。

家財を処分したい時

家具家電の処分も、遺品整理業務と並行して行えます。また比較的新しい品物については買取対象になることもあります。

退去日が迫っている

故人が賃貸で亡くなった場合、退去日までに掃除をして荷物をすべて運び出さないといけません。退去日が迫っている場合は、遺品整理業者にサポートしてもらいましょう。

モヤモヤを追っ払おう

遺品整理業者を利用する前にモヤモヤをスッキリ解消しましょう。業者に寄せられる質問を下記で紹介しています。

サービスに関するQ&A

ダンボール

遺品整理についでにお願いできるサービスはありますか?

業者によって違いますが、よく見かけるサービスにゴミ屋敷の清掃、特殊清掃などがあります。ここ数年で高齢者の孤独死が増えていますから、その兼ね合いもあり特殊清掃が組み込まれています。

どのくらいの費用がかかりますか?

遺品整理の料金は、部屋の広さでだいたい決まります。たとえば、1Rや1Kは4万円〜5万円というように部屋が広くなると同時に料金が高くなります。

見積もりはできますか?

ネットでもできますが、基本的に現地へいき、部屋を拝見しながらになる可能性もあります。詳しくは、利用先に訪ねましょう。

カギを渡したいのですがどうすればいいですか?

作業前に事前打合せの時間が設けられます。その時に渡してもいいですし、宅配便で郵送してもOKな業者もあります。

遺品整理料金は高い?

専門のプロに遺品整理をお願いしますから、高くなるのは仕方のないことです。しかし本音は「安く抑えたい」でしょう。

費用を安くする方法

  • リサイクル品を振り分けておく
  • 粗大ゴミを処理しておく
  • 梱包を先に済ませる