短期間で作業しなければならないときに遺品整理は活用できる

>Column>亡くなったら計画しよう【遺品整理サービスの利用法】

亡くなったら計画しよう【遺品整理サービスの利用法】

室内

当日立ち会えなくても可能

遺品整理を行いたいが整理する品の数が多く家族だけでは時間がかかるという場合や、大きな家具などがあり部屋から運び出すのが大変だという場合には専門の業者に依頼をするのがオススメです。東京都には、遺品整理を行なっている業者の数が多く、東京以外の関東地域の県にも出張しています。特に、亡くなった方が住んでいた物件が賃貸である場合には、契約の関係で早く遺品整理を終わらせなくてはいけない場合も多く、業者へ依頼する事で期日までに片付けを終わらせる事が可能です。形見の品などがある場合は、あらかじめ業者に伝えておく事で、遺品整理を行う当日に立ち会えなくても遺品整理を無事に終了する事が出来ます。荷物が多い部屋であっても、トラックなどで運ぶプランがあるので安心です。

軍手

清掃付きのプランもある

部屋のサイズや間取りによって基本料金を設けている遺品整理の業者も多く、見積もりが行いやすくなっています。オプションプランとして部屋の清掃を行なっている業者も多くあり、荷物を運び出すだけではなく部屋を清潔に出来るので好評です。また、匂いが気になる部屋であっても消臭作業をオプションとして依頼出来るので、部屋の空気を改善出来ます。故人が大切にしていた遺品の供養を希望する方にも対応している業者が東京には増えており、最後まで遺品を大切に扱う事が出来て安心です。家一軒まるごと片付けと清掃を行なっている業者もあり、家族の方のみで片付けるのが難しい荷物の量でも専門のスタッフが作業を行います。女性のスタッフを依頼出来る業者も東京には多く、故人が女性である場合の遺品整理も依頼しやすくなっています。